女性と便秘

便秘は男性よりも女性に多く、日本人女性の半数以上は便秘の症状が見られると言われています。これは男性に比べ、女性のほうが便秘になりやすいいくつかの要素を抱えているせいです。
まず、身体的に女性は男性よりも筋肉量が少ないため、腹筋も弱いです。腹筋は大腸が便を送り出す力となりますので、筋肉量が少ない女性は便を送り出す力が弱いと言えます。
また、ホルモンも大きく影響しています。女性ホルモンの一つである「黄体ホルモン」は体内に水分や塩分を貯めるよう指示を出します。これによって大腸内で便の水分が多く吸収されて便が固くなり、排便されにくくなります。黄体ホルモンは妊娠初期や月経前に多く分泌されるため、便秘になりやすくなります。
女性の多くはダイエットを試みたことがあるでしょう。通常の食事をとるダイエットは問題ありませんが、極端に食事の量を減らすと食物繊維や脂肪分、水分の摂取が減り、ぜん動運動にも影響がでます。無理なダイエットが原因で便が固くなり、排出されなくなることがあるからです。
女性はトイレを我慢することも多く、便意を感じてもすぐにトイレに行かなければ大腸内で便はどんどん硬くな
ってしまい、排泄されにくくなります。また、旅行など周囲の環境が変化することによってストレスを感じると自律神経に影響し、便秘となることがあります。