便秘の予防法

便秘の予防・改善のために一番大切なのは食生活です。
まず朝昼晩の3色の食事をできるだけ決まった時間に、しっかり摂ることが大切です。特にダイエットや時間がないからと朝食を抜くことはやめましょう。食事の内容も大切です。食物繊維を多く摂ると、腸のぜん動運動を高めることができ、排泄を促します。食物繊維は穀物やイモ類・豆類・寒天・ひじき・果物などに多く含まれますので、意識して取り入れましょう。水分の摂取は便が固くなるのを防いでくれ、大腸に刺激を与えます。朝、冷たい水が牛乳を1杯飲むと大腸に適度な刺激となりますので、おすすめします。
ダイエットのためと食事量を極端に減らすと食物繊維や水分が不足して便秘の原因となります。ダイエットは適度な食事を摂りながら行いましょう。また、脂肪分は便の滑りを良くしてくれますので、適度の摂取するよう心がけてください。ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品、納豆などの発酵食品。オリゴ糖などは腸内環境を整えてくれます。便秘になると美容や健康に悪影響がでますので、バランスの良い食生活を送りましょう。
食生活とともに大切なのは適度な運動です。運動不足は便秘の原因
となりますので、腹筋運動やウォーキングやヨガなどの全身運動、お腹のマッサージなどを適度の行うことで便秘の予防となります。